第19回香川県作業療法学会 開催報告

第19回香川県作業療法学会 開催報告

平成29年12月17日(日)にハイスタッフホール(観音寺市民会館)にて第19回香川県作業療法学会が開催されました。学会テーマは「今、私たちにできること」と題し、一般演題14演題、特別講演では公益社団法人茨城県作業療法士会会長の大場耕一先生による「災害支援・受援時にリハ専門職として為すべきこと」をご講演頂きました。大場先生からは実際に災害支援を行った経験から、発災時の稼働方法などのマニュアルの整備はもちろんのこと、県士会の在り方、平時から行政・多職種との連携の必要性、リハ専門職のさらなる連携強化、リハ専門職としての地域貢献の在り方をご教示頂きました。学会参加者は約110名、会員・他職種・一般・学生と幅広く参加して頂き、無事盛会に終了しました。特別講師の大場先生を初め、座長、演者の皆様、参加者の皆様、運営委員の皆様、ご協力ありがとうございました。改めまして感謝申し上げたいと思います。来年度の第20回香川県作業療法学会も県士会員の皆様にとって有意義な時間となるように企画してまいりますので、皆様の参加を宜しくお願い致します。

第19回香川県作業療法学会 事務局 西田典真

1

2

3