第20回 東讃地区OTブロック勉強会 開催報告

第20回 東讃地区OTブロック勉強会 開催報告

2017年12月14日(木)に香川県立中央病院にて第20回東讃地区OT ブロック勉強会が開催されました。内容は、①『重度右片麻痺、感覚障害、運動性失語を呈した患者に対する自主訓練方法の検討』香川県立中央病院所属:松本雅光先生、②『麻痺側上肢の使用が乏しい患者の作業療法の検討』同院所属:高橋宏暢先生の2演題でした。

unnamed

今回、参加者は17名(内学生1名)で、若手の先生2名による発表でした。勉強会後のアンケートの感想では、「ADL等で脳外、患者へのアプローチで悩む場面が多いため、他院の先生方の意見を伺う機会となった」、「他の病院の意見や取り組みを聞くことが出来た」、「急性期でのOTのリハビリという視点で考える機会になってよかった」等の感想を頂きました。

image2

これからもブロック勉強会では、様々な考えや作業療法での取り組み、疑問など、症例を通して発表して頂けたらと思います。共に作業療法について考えていきましょう。また、発表後は抄録やスライドに考察を加え、手続きを踏めば現職者共通研修「事例報告」のスタンプも獲得できますので、未取得の先生方においてはどしどし手上げ参加していただければ幸いです。

今回ご尽力いただきました香川県立中央病院の皆様、ならびに学術部ブロック勉強会運営委員の皆様、諸病院連絡担当係の先生方、ご参加頂いた皆様、盛況に終えることができました。ご協力ありがとうございました。

今年度のOTブロック勉強会は本会で終了となります。次年度も引き続き開催していきますのでたくさんの方々がご参加いただけますよう宜しくお願い致します。

文責:学術部ブロック勉強会運営委員会 久保 潤一郎(樫村病院)