作業療法士会

学術部特別研修会開催報告

 

令和元年12月1日(日)、四国医療専門学校にて、令和元年度学術部特別研修会「認知症の方と家族支援~作業療法士に何ができるか~」を開催しました。作業療法士を対象とし、37名の参加がありました。今回は香川県認知症ケア人材育成研修補助事業の一環にて、公益社団法人認知症の人と家族の会香川県支部世話人代表の松木香代子先生、佛教大学の苅山和生先生の2名をお招きしました。まず、松木香代子先生が実際に写真を用いながら園芸やうどん作りを通しての利用者様同士の交流、表情、行動等を講演して下さりました。苅山和生先生は、認知症施策推進大綱や新オレンジプランとオレンジプランの違い等について講演して下さりました。その後、1.OT自身が、我が事としてリアルに、人生の課題を自問自答(哲学)する、2.その哲学と今までの実学をもとに、作業療法士(or作業療法)が今行うべきことを列挙する、3.介護支援+終了支援+子育て支援のどこからでもいい、ひとつずつ、1㎜ずつ前に進める具体的方法を議論するという内容でディスカッションを行いました。ディスカッション後には各班が発表をし、松木香代子先生、苅山和生先生からアドバイスを頂戴しました。その中には、「その人の事を知る工夫」や「辛い事を伝える工夫」、「家族の介護に対する助言と工夫」等実際に私が勤めているデイケアでも起こっている内容や、同じように悩んでいた事もあり、大変参考になりました。

今回の研修の中で私は、松木香代子先生の「家族の思いとOTの支援のすり合わせについて、たとえOTが思っている事と家族の思いが違っても、家族の思いや幸せを組み入れる事で家族と本人の関係性が良好となった事例がある。」という言葉が特に印象的でした。また、苅山和生先生の「利用者様にとってもOTにとっても日々のルーティンだけでなく、新たな挑戦が必要。イチローも日々のルーティン(素振り等)だけでなく新しいことを取り入れてきたから世界レベルになった。」という言葉も印象的でした。

最後に、今回お忙しい中ご尽力いただきました講師の松木香代子先生、苅山和生先生及び学術部担当委員の皆様、ご参加頂いた沢山の皆様ありがとうございました。

いわき病院シルバーデイケアきらく 山田啓介

R1.12.1初期集中(上級者)

 

令和元年10月24日におさか脳神経外科病院にて第29回 東讃地区OTブロック勉強会を開催しました。参加者は26名でした。

IMG_1186

 

演題名:「脳画像より症状を考える ~くも膜下出血後に出血性梗塞を呈し高次脳機能障害が残存した症例~」

演者:おさか脳神経外科病院 作業療法士 元木 詩夕 先生

演題名:「脳卒中片麻痺患者の上肢機能に対する当院での取り組み」

演者:同院 作業療法士 石丸 裕美 先生

IMG_1185

規則正しい生活と、社会との繋がりを持つためにOTとしてどういった支援が行えるかについてのディスカッションや、各施設で取り組んでいる上肢機能への取り組みについてのディスカッションが活発に行われました。参加者の感想としては、「高次脳機能障害と上肢機能の症例の発表を聞けて良かった」、「Rego-Jに興味を持った」などが得られました。

ブロック勉強会委員長:樫村病院 久保潤一郎

令和年度学術部特別研修会『認知症の方の地域支援~OTからアイデア創出~』

しおかぜ病院  神原ゆい

 

令和元年11月10日(日)、三豊市文化会館マリンウェーブ会議室にて、令和年度学術部特別研修会『認知症の方の地域支援~OTからアイデア創出~』を開催しました。これまで実施してきた認知症初期集中支援研修を修了した方を対象としており、19名の参加がありました。

講師は埼玉県でご活躍されている尚寿会あさひ病院認知症疾患医療センターの倉本貴志先生、前回の実践研修でもお越し下さった訪問看護ステーション開くの森志勇士先生、訪問看護ステーションユニネット・まちかどの森奈奈先生の3名をお招きしました。

先生方の各地域での実践内容の講演をお聞きし、多職種との連携や地域の特性を活かした関わりが大切だと感じました。午後からは地域ごとにグループに分かれて、地域に対しどのような取り組みが出来るかについてディスカッションを行いました。各地域の現状を踏まえた上での取り組みや、認知症の方の御家族に対する支援について、まだ認知症と診断されていない方に対する支援方法など他の作業療法士の方々とアイデアを出し合い意見を交えることができました。今回グループディスカッションで挙がったアイデアを基に、これからの香川県での認知症の方に対する地域支援が豊かになっていければと思います。

IMG_8477

令和元年10月27日(日)、今回初めて県からの補助を受け、主催は県士会で対象は介護従事者向けの老年期うつ病研修会を実施しました。介護職の方や看護師、地域包括の方を中心に44名の参加がありました。講師は首都医校の髙橋章郎先生をお招きしました。先生の柔らかい言葉からでる経験を踏まえた講義に参加者から「わかりやすく伝えていただいた」「現場で工夫してみようかとやる気が出ました」等アンケートから多くの感想をいただきました。
認知症の研修会は多い中、老年期うつ病の研修会を開催したことへも好評であったことがアンケート結果からうかがえました。
今後も作業療法士向け研修会はもちろん、今回のような他職種向け研修会も機会があれば企画運営していきたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。最後に、当日は運営担当の公共事業部の会員にもご協力いただきました、ありがとうございました。

老年期うつ病研修会担当:しおかぜ病院 前田悠志

R1.10.27老年期うつ病研修会

 

2019年10月20日、ユープラザうたづにて生活行為向上マネジメント基礎研修が開催されました。講師は楠原敦子先生、桂雅俊先生、若林佳樹の3名でした。

新人からベテランさんまで幅広く参加してくださりました。1日研修でしたが皆さん熱心に受けてくださっております。特にグループワークでは、経験年数関係なく1人1人が発言することができ良い話し合いになっておりました。

また、グループ内では初めてお会いする先生同士も多く、普段の臨床について共有することが出来たようです。時間をかけてシートを活用することで使い方もわかり、他の作業療法士の思考過程も共有でき良かったと思います。

今後、日本作業療法士協会の中村会長が発言されている「活動」と「参加」、地域包括ケアシステムに資する作業療法実践を出来るよう委員として支援したいと考えております。今後とも皆様、MTDLPを活用していきましょう。

MTDLP

 

文責:香川県作業療法士会 理事 若林 佳樹

2 / 1812345...10...最後 »