人に信頼される作業療法士を目指して

理事あいさつ

理事一覧

松本嘉次郎

会長:松本嘉次郎 まつもとかじろう

今年度より、代表理事(会長)に就任いたしました松本嘉次郎です。昨年度までは、副会長と事務局長を兼任しておりましたが、今後は代表理事として士会の発展と会員の学術的研鑽や資質向上はもとより、香川県民の皆様の生活行為の向上に寄与していくよう努めていきたいと思います。引き続き皆様のご支援ご協力よろしくお願いいたします。

  • 植野英一

    副会長:植野英一 うえのえいいち

    担当部局:制度対策部

    前回に引き続き、理事を務めさせていただきます専門学校穴吹リハビリテーションカレッジの植野英一です。香川県民皆さまの健康増進をはじめ、安心と自分らしく暮らせる社会を目指す作業療法士会の事業に尽力するとともに、多くの方に作業療法士の活躍を分かりやすくお伝えする所存です。どうぞよろしくお願いします。

  • 小松博彦

    副会長:小松博彦 こまつひろひこ

    担当部局:教育部・広報部

    作業療法士として働き始めて20年を超えました。その間、沢山の仲間たちが増え、全国のさまざまな場所で、沢山の人々の作業(目的や価値を持つ生活行為)にかかわり(治療、指導、援助)をもっています。さらに多くの作業療法士を育て、作業療法をより多くの人々につなげていく。今期もこの2点についてより一層、尽力いたします。

  • 前田佑志

    副会長:前田悠志 まえだゆうじ

    県士会とOT協会の活動が連動し、県民の健康増進に寄与できるよう努めます。会員にとっても魅力ある研修会が増え、研鑽できる環境を整えます。また会長を補佐し、円滑に事業執行ができるよう組織強化に取り組んでまいります。

  • 山川

    山川公彦     やまかわきみひこ

    担当部局:事務局長

    引き続き理事、事務局長を務めさせていただきます、四国医療専門学校の山川です。会員と一緒に作業療法分野が発展できるように運営し、県民の皆様のお役に立てるよう努めてまいります。今後に関しましてもご指導、ご鞭撻宜しくお願いいたします。

  • 石井

    石井誠二     いしいせいじ

    担当部局:広報部

    引き続き、理事を務めさせていただきます総合病院回生病院の石井と申します。県士会では広報部の担当理事として、ホームページの管理をはじめ内外への情報発信力を高めてまいります。また、災害対策委員会を担当し、有事に備えて関連団体との連携強化と県士会における災害対策本部のマニュアル整備や人材育成に努めてまいります。

  • P1170621

    田埜篤司     たのあつし

    担当部局:制度対策部

    高齢化が加速する現代において、医療・介護保険制度を中心に我々の生活を取り巻く状況は変化しています。県民の皆様が住み慣れた地域において安心して生活が送れるよう、士会活動に尽力していきたいと考えます。令和もよろしくお願い致します。

  • 中川真人     なかがわまさひと

    担当部局:学術部

    引き続き理事を務めさせていただきます老健白寿の杜の中川です。学術部を担当しています。学術部は年2回の学術研修会を軸に特別研修会や毎月開催のブロック勉強会、毎年開催する県学会を企画運営しており、それに合わせて学術誌も発刊しています。今後ともよろしくお願いします。

  • 樋本

    樋本英司     ひのもとえいじ

    担当部局:公共事業部

    かつが整形外科クリニックの樋本英司と申します。県民公開講座や健康教室など中心に担当しております。県民の皆さまが地域で健康に過ごせるよう、多職種や行政との「連携」を大切にしていきたいと思います。今後とも宜しくお願い致します。

  • 若林

    若林佳樹
    わかばやしよしき

    担当部局:公共事業部

    作業療法士の必要性を社会に広めたい!!その想い一つで引き続き理事に立候補いたしました。株式会社創心會の若林佳樹と申します。公共事業部、生活行為向上マネジメント特設委員会を担当します。微力ではございますが、さらなる香川県作業療法士会の発展のために全力を尽くしますので、よろしくお願い申し上げます。

  • 山下

    山下良二
    やましたりょうじ

    担当部局:学術部

    引き続き理事を務めさせていただきます穴吹リハビリテーションカレッジの山下と申します。学術部の担当として学術研修会やブロック勉強会、県学会の運営を中心に取り組んでいきます。新しい時代に活躍される若い県士会員と一緒になって学んでいきたいと考えております。今後ともよろしくお願いいたしします。

  • 五味陽子

    五味陽子
    ごみようこ

    監事

    平成から令和へと元号も変わり、再び監事として努めさせて頂くこととなりました。組織としての細則等マニュアル作成も今後の士会運営への指針として整理し繋いでいくことが必要と思われます。日本作業療法士協会は、協会員=県士会員の方向性を出しており、県士会においても今後の会員数増加を期待したいところです。士会の厳正なる運営、組織率の充実を図るよう関わります。

  • 松本勉

    松本勉      まつもとつとむ

    監事

    引き続き、監事の職をお受けすることになりました。高齢化などの社会情勢により、県士会は様々で多くの事業に取り組むようになっています。それらの事業が作業療法の発展や会員の研鑽につながり、公益性のある活動として的確に行われるよう会務および財務状況について監事として関わっていきたいと思います。