人に信頼される作業療法士を目指して

会長からご挨拶

 松本嘉次郎

会長 松本嘉次郎

この度は、一般社団法人香川県作業療法士会(以下、当会)のホームページをご覧くださり、ありがとうございます。今年度より当会の会長となりました松本嘉次郎と申します。

県民並びに各関係団体の皆様には日頃より大変お世話になり心よりお礼申し上げます。

また、これまで当会の運営や事業にご尽力いただいた多くの方々に感謝申し上げます。

当会は、昭和56年6月に発足し今年で36年目を迎えます。平成19年に法人格を取得し、平成26年4月1日には社団法人から一般社団法人に移行いたしました。

会員数は、約600名(平成29年6月現在)となり、作業療法に関する学術技能の研鑽及び医療人としての資質の向上に努めること、作業療法の普及発展を図ること、そして香川県民の健康推進・生活機能の向上に寄与することを目的としています。
作業療法もしくは作業療法士は、子供からお年寄りまであらゆる年齢層の方の心や体の不調によって、「その人の生活」に何らかの不具合が起こっている又はそれが予想される方に対して、その人にとって「豊かな暮らし」が送れるよう生活行為の向上する方法や手段を考えていく職業です。県民の皆様に対して啓発すると同時に、皆様の生活に生きがいを届けるために切磋琢磨してまいります。
今後とも、当会の活動へのご理解とご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。