未分類 | 香川県の作業療法士会

令和5年12月1日(水)に、丸亀市市民交流活動センターマルタスにて、第2回目のOUDON会(新勉強会)を開催しました。

22名の先生方にご参加いただきました。

今回の講師は、MIRAI病院大倉功将先生と新谷智希先生で、前回と引き続き脳血管障害シリーズの評価編を行なっていただきました。

感覚の基礎やFMAの評価方法を実技を交えて講義していただきました。

参加者からのアンケートでは「感覚評価は学校では簡単にしか習っておらず参考になった」「FMAの実際の方法を知れてよかった」「新人向けの勉強会のため参加しやすい」などの意見をいただきました。

また今回は後半にグループで分かれ、評価で日々困っていることや疑問点を話し合う時間を設けました。

各グループで話が盛り上がり、久しぶりに対面での良さを感じる貴重な時間となりました。

スタッフ、参加者からも好評でした。時間をかけて丁寧に準備していただいた講師の先生方、ありがとうございました。

 

次回は令和6年2月2日頃に開催予定です。内容は「促通反復療法とADL〜生活で役立つ手を目指して〜」と題し、穴吹リハの馬場広志先生に行なっていただく予定です。

 

今回はマルタスでは無く穴吹リハビリテーションカレッジで行います。

また次年度は運動器疾患シリーズで計画しています。今後ともOUDON会に多くの参加をお待ちしています!

文責:鶴窪良樹

令和5年10月27日にZOOMにて今年度第4回目のブロック勉強会が開催されました。今回は、18名の参加がありました。三豊総合病院の本川亜美先生による「中心性頚髄損傷を呈した症例の職場復帰に向けての作業療法」と田中琳良先生による「急性期小脳出血による高次脳機能障害に着目した作業療法」の2演題を発表して頂き、2グループに分かれてディスカッションを行いました。ディスカッション内容は、「上肢機能訓練の自主練習ではどのようなものがあるか?」では、棒体操やタオルを使った運動の指導、自主練習のための紙面を作成し指導するなどの意見として上がりました。勉強会後のアンケートでは、

「皆さんのそれぞれの想いや頑張りを見ることができてエネルギーをもらいました」

「今後も参加させて頂き、他病院との交流・意見交換の場にしていきたいと思います」

という、ご意見やご感想をいただきました。

次回の第5回もZOOM開催も予定しております。日程は、2024年2月16日(金)19時からです。多くの先生方のご参加をお待ちしておりますので、よろしくお願い致します。

 

文責:纐纈 功(医療法人社団和風会 橋本病院)

 

第23回香川県作業療法学会は、初のオンライン開催となりました。穴吹リハビリテーションカレッジのシルクホールをオンライン配信の基地局として設けました。演題数は、オンラインでの発表のためか例年より多い17演題でした。基地局からは10演題、ご自宅や勤務地からは7演題が発表されました。通信障害もなく、進行もスムーズに行えました。参加者は95名とこちらは残念ながら、例年に比べても非常に少ない参加となっており、次回の課題と考えています。

学会テーマは、「動き出そう!一歩ずつ前へ ~作業療法の歩み~」としました。県学会運営委員の話し合いで、どのような状況であっても前に進んでいきたいという願いからこのテーマを選びました。

基調講演 中村会長 今回の基調講演は、日本作業療法士協会の中村春基会長をお招きし、学会のテーマ沿った「歩み」についてのご講演でした。協会の役割や活動、香川県への提言とその裏側についてエピソードを交えご紹介していただきました。

 

作業療法の発展のため、1つ1つの成果や実績を出していくことが重要であると改めて感じました。

 

 

 

特別講演 大向先生 特別講演は、頚髄損傷の当事者で作業療法士である大向優貴さんのご講演でした。
作業療法養成校の学生時代に受傷され、その時の学生生活、フジ住宅株式会社にアスリート雇用で入社され、パラアスリートスイマーとしての実体
験、経験談をご講演いただきました。印象に残った言葉は、「できないとやらないは違う」という言葉です。やってみてできるか、できないかを判断することに意味や価値があるということだと思います。その言葉から感じる、作業療法士ができないと判断していることが、本当にできないことなのか、教科書通りではなく、やってみないとわからないこともあるということも分かりました。

 

オンライン学会の様子 演題発表では、精神、整形、CVA、県士会の活動報告など多岐にわたる発表であり、作業療法が凝縮された内容でした。学会発表のために、文献を調べたり、先輩OTにアドバイスをもらったりと試行錯誤しながら抄録、スライド作成をされたと思います。学会発表という目標のために、学ぶ、知識を増やす、意見をもらうことが作業療法士としての成長につながると思います。

まだまだ、世の中がどのような状況に変化していくのかわかりませんが、臨床で行っている作業療法をどんどんアピールして下さい。次回、第24回香川県作業療法学会に向けて、これからも全ての作業療法士が前に進んでいくことを願います。

 

第23回 香川県作業療法学会 運営委員長 纐纈 功

平成30年12月9日(日)、穴吹リハビリテーションカレッジにおいて、平成30年度第2回学術研修会を開催しました。今回は岡山リハビリテーション病院より酒井英顕先生(作業療法士)をお招きし、「自動車運転再開に向けた評価と支援」というテーマで講義して頂きました。

講義では、道路交通法の変遷や現状といった基本的なことから、作業療法士として運転再開に向けた具体的な評価や支援の方法、医療機関と教習所との連携の取り方など、事例を通してわかりやすく紹介して頂き、大変充実したものとなりました。

臨床を経験する中で患者様より運転再開を希望する声はよく聞かれます。身体機能や高次脳機能を適切に評価することはもちろん、病前の運転傾向、その方にとって運転をすることの意味や、キーパーソンの存在などを把握しておくことの大切さを学びました。

お忙しい中、ご尽力いただきました酒井先生、ご参加頂いた皆様、大変ありがとうございました。これからも香川県作業療法士会の会員の皆様に臨床で役立つ研修会を開催出来ますよう、部員一同頑張って参ります。今後とも宜しくお願い致します。

かがわ総合リハビリテーションセンター 藤井麻莉(学術部 第2回学術研修会担当委員)

DSC_0621

DSC_0642

DSC_0661

平成29年7月16日(日)、サンポートホール高松第54会議室にて、鹿児島大学病院霧島リハビリテーションセンターの作業療法士 野間知一先生を講師にお招きし、第1回学術研修会「麻痺や痛みへのアプローチ ~川平法の紹介~」を開催しました。肩の解剖学的な視点から痛みの要因についての解説、川平法の紹介まで、また動画も多くご紹介いただき、とてもわかりやすく有意義な研修会でした。お忙しい中、ご指導いただきました野間先生、どうもありがとうございました。また、第1回学術研修会運営委員の皆様、準備から運営までお疲れ様でした。

学術部 部長 中川真人

image15

image16